【感想】フワつく身体 作:すと世界【小説】

最初にこの作品と出会ったのは……まさしく『出会い』だったのだけれど、2017年11月の文学フリマ東京だった。 初めて一般参加した私は、「無料配布でーす」の声に弱かった。 あちらこちらで頂いたチラシや小…

さらに表示 【感想】フワつく身体 作:すと世界【小説】