ホメオスタシス

現代文の授業中、先生に指名された真由は『こころ』の一文を読みながら、ふらふらと歩き出した。 先生の制止も聞こえない様子で、教科書を投げ捨て、最後の2、3歩は走るようにして、窓から身を投げた。 私たちはみんな、ただ呆然と彼(続きを読む)