暁光

2022-11-05

 わたしはその時まで、なにも見えなかったのです。おぼえているかぎり、この小さな窓から見える通りのけしきと、しなさだめをする男のひとたちだけが全てでした。くらい夜のこれが、わたしの人生でした。  だからあなたがやってきて、(続きを読む)


もういない夏

2022-07-02

 むっと暑い庭先の駐車場で、犬に冷たいシャワーを浴びせる。焼けたコンクリートに水が流れ、犬は喜び跳ね回る。爪がカツカツと音を立てる。ひとしきり濡れた毛にシャンプーを垂らすと、犬は急に顔を伏せ、しおしおとおとなしくなる。喉(続きを読む)


『嫉妬心顛末』#Twitter300字SS お題【隠す】

2021-03-06

 妻は浮気していると思う。探偵に依頼したが、まだ証拠は出てこない。「わたしを疑ってるのね……!」 ある晩、妻は激怒した。うしろめたい隠し事があるからだろう。  翌朝、『浮気なんかしてません』というメモをダイニングテーブル(続きを読む)


『CM 』#Twitter300字SS お題【運】

2021-02-06

「車両故障により、当駅までの運転となります。終電車のためお客様には大変ご迷惑を……」 さんざん待たされた挙句、もう動かないという。私はネクタイを緩め、ホームへ降り立った。駅員に詰め寄る同胞を避けるようにして、階段を登る。(続きを読む)


今日を纏う

2020-11-07

猛者の巣窟、と呼ばれるこの無法地帯《クロスデルタ》にも高級なレストランはある。《ティアドロップス》もそのひとつだ。 「なぁイェヌス、私はスーツを持っていないんだが、となると、やはり軍服で行くべきかな……」 竜人のトゥバン(続きを読む)


息継ぎが下手

2020-08-01

 今でも覚えているのは、幼稚園の卒園式だ。 みんなそれぞれ誰かとの写真を撮ってもらっているのに、僕にはその相手がいなかった。いじめられていたわけではなく、そこそこ仲の良い友達もいたのだが、ぽつんとひとりになってしまうと居(続きを読む)


ふるさと

2020-07-04

記憶の中の赤い橋は、長さこそ50メートルほどあれど幅が狭い、小さな橋だった。 「へえ。いつ作り替えたの」 いつの間にか私の横にいる、幼い頃の私が問う。 「高校生の時、だったかな。どんな工事だったっけ…」 私はその小さな手(続きを読む)


「私」の「鍵」

2020-06-06

 うっかり、私は私の鍵を失くしてしまった。  困った。  私を開けて中を見れば、記憶を確認できる。しかし、鍵を失くした今、ここ一年ほどの記憶が開けられない。  軽快な着信音が響く。スマホを見ると男の名前が表示されている。(続きを読む)


つつみかくさず

2020-02-01

僕の神様は、その手にある白い布でなんでも包んでくれる。 僕がおもちゃを壊したときには、それを包んでくれた。 神様に包まれたものは、誰からも見えなくなる。 だから、パパもママも、僕がそのおもちゃを壊したことを気付かなかった(続きを読む)


青い夢を見た

2019-10-05

四畳半の、その部屋の壁はクッションで覆われている。私はモモンガスーツを着て、VRゴーグルを装着した。 スイッチを入れると、VR世界のスポーン地点である、かつて地上にあったという『シブヤ』の『スクランブルコウサテン』にいる(続きを読む)